電動工具

「鬼滅の刃」の映画観ました、隣の女の人泣いてました、俺は泣けませんでした、映画始まる前のポケモンの予告で泣きそうになりました、三森です。

 

表題の電動工具・・・・・

これ、語りだすときりがなく大変なので簡単なさわりだけ(笑)

 

 

電動工具といえば最初に思いつくのは電動ドライバーじゃないでしょうか?

まずは電動工具のメーカーは?

マキタ、日立工機(HIKOKI)、京セラ(旧RYOBI)、パナソニック、ブラックアンドデッカー、ボッシュ、ヒルティ、マックス、SK11・・・・・・・

いっぱいあります。

国内企業でホームセンターにおいてるのは、マキタ、日立工機、京セラ(旧RYOBI)じゃないですかね、

ブラックアンドデッカーやボッシュも置いてますね。

メーカーでの違いは不具合が出た時の対応がどこがいいか、購入する店で聞いてみるといいですよ。

基本的な性能はDIYで使うならそんなに変わりません。(プロになるといろいろありますが・・・)

私のイメージだとやはり国内メーカーは不具合があったとき対応が早いかなって感じです。

各メーカーで得意なものもあると思いますが長くなるので書きません(-_-;)

 

実際現場で多いのはマキタでしょうか?

私もマキタのインパクトドライバー持ってます。

 

では、本題へ

電動ドライバーは、まず充電タイプか電源コードタイプで分かれます。

電源が取れるなら(家庭で使う)コードタイプでも十分でしょう、値段も安いです。

次に、私も持っているインパクトドライバーとドリルドライバーに分かれます。

これが何が違うの?って思う人多いですよね、

 

 

 

 

バラせばわかります!!

 

 

 

 

 

嘘です、

いやバラせばわかるんですけど戻せないと思うので(-_-;)

 

簡単に書くと、

 

ネジを締めるのに特化しているのがインパクトドライバー

 

穴あけに特化しているのがドリルドライバーです。

口で言うのは難しいですが、

インパクトドライバーは名前の通り、「インパクト」(衝撃)を与えて回転します。

インパクトを与えるのは縦ではなく横(回転方向)です、なので負荷がかかると「ガガガガガガ」って音が鳴ります。

なので硬いネジなんかを外すのも得意です。

 

ドリルドライバーはモーターから直接軸に力が加わり穴をあけるのできれいな穴が開きます。

 

この辺はDIYでの用途では差はないでしょう。(職人さんによっては使い分けしてますが)

なので結局どっちでもいいと思います(笑)

 

ただ、使える先端工具が違います。

一般的に

インパクトドライバー六角軸

差し込み口が六角なのでこの手の先端を使用します。

 

ドリルドライバーはドリルチャックと言って丸軸、

こんなやつです、ただドリルチャックには六角軸も使えます。

 

ドリルドライバーのほうがいいのって思いますが、六角軸のほうがワンタッチで取り外しもできるし便利です。

 

はい、ここまででもわかる通りいっぱい書いてます、(笑)これでもだいぶ完結に書いたつもりです(文章力がぁぁぁ~・・・)

 

私としては充電のインパクトドライバーで10.8Vぐらいのがあれば家で使うのは十分だと思います(⌒∇⌒)

 

このサイトを広める

CONTACT

リライフ日興では、皆様のご来社を心よりお待ちしています。
モデルルームやスタジオも構えており、各テイストに合わせた
リノベーションスタイルを体感することができます。
是非、お気軽にお越しください。

FREE
DIAL

0120-041-250

受付時間/ 10:00~17:30
定休日/毎週水曜日、隔週火曜日・日曜日

Social
Account

[ 株式会社リライフ日興とは… ]

東広島市を中心に、広島市、呉市、安芸高田市、三次市にて、水回りや内装、外壁といった小規模のリフォームから二世帯リノベーションなどの大規模な
リノベーション・増改築を行っております。