地震

リングフィットのレベルが子供に抜かれた三森です。

運動不足・・・

 

 

文字多めで行きます!

 

先日広島でも地震がありました。

「建物は大丈夫?」 と不安になることもあるでしょう、

そんな中、目に見えるところで壁の割れ(壁紙のヒビ)が気になる方も多いと思います。

こんなのです、

これについて少し書きます。(だいぶ書きます(笑))

 

原因はいろいろあります、

・揺れによるもの(地震や車の振動など)

・建材の収縮によるもの(木材の乾燥や膨張、クロスの材質によるものなど)

・下地の不良(石膏ボードの割れなど)

こんなところでしょうか、最も多いと思う原因は

・建材の収縮によるもの だと思います。

 

まず現場では石膏ボードの継ぎ目に発生していることが多いです。(石膏ボードとは壁紙の下地の板のようなものです)

これは石膏ボードを固定している柱など木材が乾燥や湿気で動き石膏ボードを引っぱって継ぎ目が割れてきてしまうためです。

 

石膏ボードの継ぎ目は平にするためパテ処理をしていますが、引っ張られることでどうしても割れてしまい、その割れが壁紙の表面に出てしまう現象です。

これにより家が倒壊することはありませんのでご安心を。

ただこの割れは揺れでも発生することがあるので、今回の地震でも発生しているかもしれません。

「継ぎ目が縦に割れている」のであれば先ほどご説明のようにそこまで心配はいらないと思いますが、

気を付けていただきたいのは、「斜めに割れているとき」です。

直線や水平な割れは石膏ボードの継ぎ目のことが多いですが、斜めの割れは「石膏ボードが割れている」可能性があるのでその場合は石膏ボードからやりなすをする方が良いので一度ご相談ください。(これは石膏ボードをななめにカットして使用する事が現場ではほとんどないためです)

ちなみに継ぎ目の割れは直す必要はあまりないとは思いますが見た目が気になる方はクロスの張替えで治りますのでこちらもご相談ください。

 

次にこちらの画像

これは「割れ」ではなくクロスの「継ぎ目」です。

継ぎ目もどうしても開きやすく、

クロスの継ぎ目は石膏ボードの継ぎ目で継がない施工になっています。

なので、明らかに見た目が違うかと思います、

継ぎ目はきれいな直線(カッターで切るため)になります。

これも強度上の、心配はいりません。

 

どちらの場合もキレイにしたい場合クロスの張替えとなりますのでご相談ください。

 

まあ、簡単にクロスの張替えと言ってはいますが・・・

注意として、同じ品番で張り替えても、ロット番号や劣化により色味が違ってきます。

なので、部分張替えすると継ぎはぎしたように見えるので壁一面で張替えする事が多いです。

各お宅の状況によりますが意外と簡単にとはいかないのも事実です。(金額的にも施工的にも)

 

他にも言いたいことはいっぱいありますがこの辺で、

 

ご心配な事・不安な事があれば写真などをメールで送っていただいてもいいのでお気軽に(⌒∇⌒)

 

(ちなみに、このブログを書くのに事務所の壁を見てみたら地震のせいか割れが数カ所見つかりましたとさ(-_-;))

 

 

このサイトを広める

CONTACT

リライフ日興では、皆様のご来社を心よりお待ちしています。
モデルルームやスタジオも構えており、各テイストに合わせた
リノベーションスタイルを体感することができます。
是非、お気軽にお越しください。

FREE
DIAL

0120-041-250

受付時間/ 10:00~17:30
定休日/毎週水曜日、隔週火曜日・日曜日

Social
Account

[ 株式会社リライフ日興とは… ]

東広島市を中心に、広島市、呉市、安芸高田市、三次市にて、水回りや内装、外壁といった小規模のリフォームから二世帯リノベーションなどの大規模な
リノベーション・増改築を行っております。